ザンギに懺悔しな!

081112_161809.jpg

…そんないつまでも浸っていたい感傷をぶち壊してくれたのが、
コチラ。

FM釧路の元DJ、
笹 典幸サン(後述)に連れてって頂いた食堂にて。

“ザンタレ定食”なるもので、

『昌平君は初めてだから、
ザンタレ・ハーフ定食がいいよ』

との言葉に朝から何も食べていなかった自分は、ハーフじゃなくてもいいけどな…と思いましたが、
その思いをぐっと堪えて待つ事に・・・・・

そして出て来たのが【写真】。

ハーフで良かった…(笑)

こちらでは唐揚げの事を
“ザンギ”と言い、
“ザンタレ”というのは
“唐揚げの甘酢タレ”みたいなコト。

へぇ〜…っていうかこの量は!?

ザンギは向こう1ヶ月は
見たくはないかな(笑)。
posted by 水木昌平 at 2008/11/13 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

北海道中膝栗毛A

081112_153708.jpg

釧路から少し離れて、
『標茶(しべちゃ)』という場所を訪れた移動中の1コマ。

『シラルトロ湖』という湖で、
写真奥には“雄阿寒岳”と
“雌阿寒岳”という山々が・・・

『雄』は活動していなくて、
『雌』は活火山だそうです。
まるで今の人間界を彷彿とさせる山々(笑)。

更に帰り道。

林の中にはゆっくりと歩く、
2羽の丹頂鶴が・・・

雌(♀)は必ず雄(♂)の5m後ろを
くっついて歩いていくそうです。

何だか切なくて
涙の出る光景でした・・・

_______(♂).....(♀)_________
posted by 水木昌平 at 2008/11/13 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

北海道中膝栗毛

081112_095100.jpg

昨日より、
北海道は釧路に来てます!

北海道を訪れるのは今回で3度目なのですが、釧路はお初。

釧路の街を一言で表現すれば…

“寒い”(笑)。

まぁ〜、ココまで寒いとは・・・

…こんな事を言ってたら誤解を招きかねませんが、もちろん
“気温”が!です。

街自体は閑静な港街で、
どこか横浜を彷彿とさせ、
出会う人出会う人いい人が多く
非常にいい所です♪


キャンペーンで訪れている以上、
楽しんでばかりはいられませんが、
ノルマを達成しないとここから
漁船に乗せられて、
オホーツクの海で“板子一枚に命を張ら”なくてはならないので(笑)、頑張ってきます!!
posted by 水木昌平 at 2008/11/12 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

結城忍と愉快な仲間たちB

081106_191859.jpg

そして最後はこの会のトリも勤められ、大ヒット曲『湖愁』で知られる
松島アキラ さん【写真】!!

…にしても自分は間の抜けた顔をしております(笑)。


まだまだ他にもたくさんのゲストの方々とSTAFFの皆様に囲まれ、
我が恩師・結城 忍先生もたいそう喜んでおられました♪


…余談ですが、
結城先生は元看護士で
(更に余談ですが、
先生がまだ看護士の頃、
患者として千 昌夫サンが来られてて、
その時の様子を千サンが覚えており、以前自分が千サンの前歌をさせて頂いた時に、

『あの時の婦長サンか〜!?』

と、こちらも大いに盛り上がっておりましたが)という訳で、え〜何の話だったか(笑)、そう!!

先生の妹サンも現役の看護婦長!!
しかも名前が

『小林 幸子サン』(笑)。


先生のお母様(なんと、100歳!!)は群馬の一軒家で元気に一人暮らし!!

以前、尋ねた際は、
『ソースかつ丼が食べたい!』と
言い、出前をとってガッツリ召し上がってらっしゃいました.....


恐るべし!!
posted by 水木昌平 at 2008/11/09 00:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | ダイアリー

結城忍と愉快な仲間たちA

081106_152832.jpg

続いては元宝塚歌劇団月組、
五月梨世サンこと

尾上 五月サン【写真】。

オットコ前…と言ったら失礼になってしまうのかもしれませんが、普段の立ち振る舞いからは男子オーラがみなぎっております(笑)。


かと言えば、踊りは
しなやか かつ繊細。

宝塚パワーをマジマジと感じました!!

同じ舞台に立てて、
本当に幸せでありました。

♪あ〜んし〜ん♪

♭急にかわらず〜♭

…だっけな??(笑)
posted by 水木昌平 at 2008/11/08 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー