昌平水木のどうでもいい話@

090621_192420.jpg

『エスカレータ-』と
『エレベータ-』というのは、

“エ”から
始まる言葉かつ、
同じ様な機能で、

ややこしい事
窮まりない訳です。


よく学校などで、
『先生!』と
言いたかった
にもかかわらず、

間違えて、
『お母さん!』と
呼んでしまった、

…のとは
だいぶ意味が
異なりますが(笑)、

今回はその
“エスカレータ-”について。


この話、
誰に話しても
一様に反応が
薄いのですが、

エスカレータって、
足元の動くスピードと
手摺りの動くスピードが、

超微妙に
違うんですよね!


是非一度、
試してみて
欲しいのですが、

手摺りを
しっかり掴んで、
エスカレータ-に
乗っていると、

徐々に
手の方が先に
進んで行きます。


もし相当長い
エスカレータ-があれば、

降りる頃には
ウルトラマンの
登場シーンみたいに
なっているハズ(笑)。


…以上が今回の
どうでもいい話でした!


じゅわっ☆
posted by 水木昌平 at 2009/06/23 02:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | ダイアリー

写真と本文は一切関係ありません

090611_170820.jpg

さて、最近は
今、話題(?)の

“天使と悪魔”を
読書中なのですが、

この手の
ミステリー小説は、

明らかにコイツ、
怪しいだろ!ってのが
実は1番の味方で、

コイツは絶対無いな…ってのが
犯人だったりするのですが、

今回は果たして・・・


それはいいとして、

この“天使と悪魔”は
上・中・下巻と
3冊で出版されていまして、

自分が購入した
本屋さんでは、

このコーナーに
そんな表記は
何処にも無く(多分…)、

たくさん
積まれた本の中から
上巻と下巻の2冊を選び、

レジへと向かい、
会計を済ませました...

そして、
上巻を読み終えると
そこには
『中巻へ続く』の文字が。


どこの世界に、
カレーパンを買って
カレーを抜いて食べる人が
いるでありましょうか…


確認しない
自分が悪いのは、
百も承知ですが、

レジの店員さんも
一言、言ってくれれば
良かったんですけどねぇ…


ま、
それはいいとして、

今回は最後に
自分が1番好きな
ミステリー小説の紹介を。

シドニー・シェルダン著の
『神の吹かす風』。

本を読んでいて、
『おぉっ!?』との
驚愕の声を
出してしまったのは、

後にも先にも
この1冊のみです。

真犯人が
解った時の、
衝撃といったら・・・

オススメの1冊ですので
皆様も是非!!


ちなみに
この本には
中巻は
ありませんよ(笑)!
posted by 水木昌平 at 2009/06/19 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー

今、何時?

090611_165610.jpg090611_123831.jpg

サザン好きを
公言しながら、
今さら何なのですが、

人生で初めて
“江ノ島”に
行って来ました☆


行って来た…と
言いましても、
仕事帰りに
立ち寄っただけですけど。


ともしても(?)、
現地に降り立てば

シャイなハートにルージュな色が…てな
具合に、テンションも急上昇!!


そんなに大きい規模の
島ではありませんが、

サザン好きな人ならば
エボシ岩を探すだけでも、

充分、楽しめますね★


そして
お土産の“しらす”を購入し、
ミッション・コンプリート!!


たまには
こんな“ちぃ散歩”的なのも
いいモノですね♪

…ま、いつもとそんな
変わらないですけど(笑)。


心なしか今夜、
波の音がします・・・ラララ・・・
posted by 水木昌平 at 2009/06/11 23:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | ダイアリー

頑張れ☆日本!

090605_172744.jpg

立てば芍薬.

座れば牡丹.

歩く姿は百合の花.

調度いいのは俺の鼻.


梅雨は
欝陶しい季節では
ありますが、

花が1番、
栄えて見えるのは、
この時期の様な気がします。


もう梅雨か〜・・・


ゆりゆり…

基、

やれやれ…


…何だコレ!?(笑)
posted by 水木昌平 at 2009/06/06 00:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイアリー

恐怖のカラオケBOX★

090603_004919.jpg

皆様にも
これは想い出の1枚!という
CDがあるのではないかと
思いますが、

自分にとっては
サザンオールスターズ『Young Love』
(アルバム)が、その1枚。

たいした青春では
ありませんが、

自分の青春が
詰まっている1枚です☆


久々に出て来たので
聴いてみると、

当時の出来事や想い出が
フラッシュバック!!

・・・懐・・・


当時、
自分は本当に音痴で
(今もそんな言えないすけど)、

人前で唄うなんて
考えられませんでした。


そんな折、
カラオケBOXが流行りだし、

友達などの誘いを、

パーフェクト・ストーム(知ってます?)の
ジョージ・クルーニ-よろしく、

面舵いっぱいで
回避し続けるも、

寄る波には勝てず、
しぶしぶ同行するハメに...


しかも、
当時のカラオケBOXは
今みたいにコンパクトでは無く、

ステージに立って唄う、
というのが主流でした。


しかも律儀に
時計周りみたいな
順番まで決まってて、

自分の番が来るまで
冷静を装うも、

頭の中は完全に

『メーデー!!メーデー!!』

でした(笑)。


今でなら、
“メーデー”を小節まわしして
唄っちゃう所ですが(笑)、

自分が
唄い終わった後の
皆のリアクションは、

笑うでも無く、
イジられるでも無く、

築地市場に
揚がってくる魚達よりも、

生々しいモノでしたねぇ(笑)。


そこで猛特訓を
する事になるのですが
(カラオケBOXで唄うが為に〔笑〕)、

その方法が、
CDをヘッドホンなどで
聴きながら、

そのまま
聴いてる歌をガチで唄う、
というもの。


耳から
聞こえてくる音を、
そのまま口から出す…
作戦です。


この作戦の
1番のポイントは、

成り切る事!


そうすると、

CDから
聞こえてくる音と
自分が出している音が違う…と、

逆に
気付きやすいかなと
思います。


で、調整して
後は繰り返し反復...


・・・『Young Love』を聴くと、
そんな淡い記憶を
思い出す訳です...


皆様も
是非一度、
試されてみては!?
posted by 水木昌平 at 2009/06/03 00:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | ダイアリー